2型糖尿病と頻尿の関係について

トイレが近くなったのは糖尿病になってからだと思う。糖尿病は突如病気になったのではなく、はじめは境界型の糖尿病、そして徐々に進行して2型糖尿病になる。糖尿病の発症の第一の症状として、だるい、なぜこんなにだるいのだろう?なんてところから始まり、そのうち喉が渇いて渇いてどうしようもなくなる。

冬なのにかき氷を5個も買ってきて食べて、めっちゃうまいと感じる。そして水分を取るたびにトイレへ行く。負の連鎖の始まりである。体が糖質を吸収できない体質(病気)へ変化し、脳は糖質を欲しがり体は血管の血液の流れが悪くなることにより、水分が枯渇しオーバーヒート状況に。尿は溜まりすぎた糖質を必死に出そうと頻尿になる。

血糖値が上がるとこの負の連鎖により、トイレが頻尿になり、睡眠中も2時間に1度起きるなどの障害が起きてくる。したがって2型糖尿病の方は、トイレが近いイコール血糖値が高いと理解して、早めに血糖値を下げる必要がある。人間の最大の欲望は衣食住だが、この食をあきらめることだ。

血糖値が上がってくると、と言っても軽い症状の方のお話ではなく、血糖値が250mg/dlあたりから非常にアイスなど美味しく感じるようになる。平常の健康な方よりも不健康な糖尿病の人間は脳が麻痺しているので、なお美味しく感じるのだろう。そんじょそこらの意思ではアイスを断つことは不可能である。しかし、これに打ち勝ち、まずはたらふくの水を飲むことで、脳の欲求を抑え、血糖を下げることが頻尿を治す最短の道である。

腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 子宮が痛い 頻尿 非公開車両 子宮腺筋症 ラミューテ